<< 遮断された世界*prev
語られない言葉 >>*next
 

Henning Schmiedt Piano 「Spazieren」

今までだって琴線に触れるピアノの音には幾つも出会ってきたはずなのに、自分の為に探していたものじゃないなかで見つけたからか、その素晴らしさにいっそう心を踊らせている。少しの試聴と直感を信じることが出来たのは、あの空間のイメージが確固たるものだったから。贈りものに乗じて自分も手に入れ、想定外に起きたことといえば、あまりに気持ちよくてどこまでも歩きたくなってしまうことだった。一生のなかで耳にする音楽には限りがある。だから今、出会えたことが嬉しい。
author: kikurair
音楽 | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






 
Admin: Login
RSS: RSS1.0, Atom0.3